特定非営利活動法人 地球の木(認定NPO法人)は、横浜市に事務所を置き、神奈川県を中心に、 ネパール・カンボジア・ラオスの人々とつながり海外支援活動をする国際協力NGOです














 カンボジア

クメールシルクプログラム

〜アジアの心を織物で伝えます〜

現状・背景


シルクショールを織る訓練生
長い内戦の時期を経て、1999年カンボジアはASEANへの加盟を果たし、 右肩上がりの経済成長を続けています。これまでの開発資本や海外援助に加え、 世界経済を牽引する中国・韓国など海外から多くの資本が流入し、 首都プノンペンや観光都市シェムリアップでは、急激な開発が進められています。 社会が「お金がすべてを支配する社会」へと変わっていく中、 貧富の差がどんどん広がっています。 貧困から抜け出せない農村地域の人たちは首都プノンペンなどへ出て行き、 スラムで過酷な生活を強いられるようになります。 しわよせは弱い立場の若い女性やこどもたちへとやってくるのです。

プログラムの内容


得意気に作品を見せる訓練生
2006年、地球の木は日本のNGO “Love and Peace” と出会いました。 “Love and Peace” は、スラムの子どもたちへの支援から、 農村部の少女たちに織物、裁縫を教える職業訓練センターの 運営支援をおこなっていたNGO団体です。 この出会いから、農村の少女たちが手に職をつけ、自分の力で食べていけるようになるように、 また、カンボジアの素晴らしい伝統工芸である「クメールシルク」を日本の人たちにも紹介しながら、 センターで訓練を受ける少女たちが誇りを持って生きていけるように支援していく プロジェクトが始まりました。




職業訓練センターの近くにある遺跡
「プノムチソー」にて
地球の木は、発注をおこないながらの技術向上の指導、日本市場でも「売れる」デザインを供与、 マーケティング能力の向上、マネージメントについてのアドバイスなどをおこなっています。 スカーフやシルク小物の購入は、厳しい状況の中で生きる女性たちにとって貴重な収入となるだけでなく、 「やる気」を支えることにもなります。 「私が作ったものを待ってくれる人がいる」−それは、明日への希望につながっていきます。

Copy right all reseved 特定非営利活動法人 地球の木 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町1−3−3 TEL:045-228-1575