「森の中で森の話~ラオスの場合・瀬上沢の場合~」

|終了しました|12月2日(日)横浜市栄区の瀬上沢の森で、「森の中で森の話〜ラオスの場合・瀬上沢の場合」を開催しました。

まずはホタルの里瀬上沢基金の田嶌さんの案内で、付近の、歴史的貴重な遺跡の残る地区を案内してもらいながら歩きました。小さな小川を網でさらうと何種類ものヤゴやら蛍のエサとなるカワニナの稚貝やらが採れ、この地の生態系の豊かさを感じました。

天気予報が外れて、ちょっぴり寒い森の中でしたが、その昔江戸に向かう人々が通った江戸道に座り込んで、ラオスの村人のくらしを支える豊かな森を想像してみました。ラオスの村人にとって森はスーパーマーケット。食料を始め、家の建材や薬まで森からの恵みで暮らしています。そんな大切な森が、外国企業のゴムや ユーカリのプランテーションに代わっています。押し寄せる経済開発の波は、ラオスの伝統的なくらしをどのように変えてしまうのでしょうか。

身近に森があること、それを守ることの大切さを改めて感じたひと時でした。

ちょっと川の水をさらっただけで、何種類かヤゴやホタルのエサのカワニナ

■イベント概要

森の中で行うワークショップ「森の中で森の話~ラオスの場合・瀬上沢の場合~」を開催します。

横浜最後の大自然が残る瀬上沢。この生物多様性のホットスポットで大規模な開発計画が進められています。一方ラオスの村では、人々のくらしを支える生活の森が、外国企業によるユーカリやゴムのプランテーションに代わっています。

今回縄文の頃より人々が暮らしてきたこの地を瀬上沢基金の田蔦さんにご案内いただきます。

そして五感で森を感じつつ、生活グッズや写真を通してラオスの村人と森のつながりを想像しながら「開発」と「森を失うこと」の意味についてみんなで考えてみませんか。

  • 日時:2018年12月2日(日)10:30~12:30
  • 場所:横浜市栄区上郷 瀬上沢の森にて(付近に駐車場・売店はありません)
  • 集合:JR港南台駅改札口10:00(または栄高校の場所がわかる方は10:20までに直接高校正門前集合でも結構です)
  • 定員:15名(定員になり次第締め切ります)
  • 持ち物:汚れてもいい服装、長靴、軍手、飲み物
  • お申し込み:こちらのフォームよりお申し込みください。

9/3(mon) ラオスの現地報告会を開催

地球の木が支援している日本国際ボランティアセンター(JVC)のラオス事業。JVCでラオスに駐在されている方が9月に一時帰国し、現地での活動状況について報告してくださいます。
JVCラオスでは今年度から新規事業として森林保全を中心に活動を展開しています。村の森や自然資源を一方的な開発から村人たち自身の力で守り、持続可能な開発につなげられるよう応援しています。
そのためにどのような活動が必要なのでしょうか。駐在員の方に直接うかがえる貴重な機会ですのでぜひご参加ください。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【開催概要】
■日時:9月3日(月)10:00~12:00
■場所:横浜市開港記念会館 4号室(横浜市中区本町1-6)
■地図:こちらをご覧ください
■参加費:200円|定員20名(先着)
■お申込み:地球の木事務局までお名前と参加人数をお知らせください。
Tel:045-228-1575|Fax:045-228-1578|E-mail:chikyunoki@e-tree.jp

[終了しました] 3/29「ちょっぴり体験! ラオス村の暮らし」を開催します

こちらのイベントは終了しました。

水運びや民族衣装シンの試着。

ラオスの生活グッズを手に取って、ラオスの村のくらしを想像してみませんか?

そして、その村で実際に起こっている森林伐採の現実と私たちのくらしとどうつながるのか、一緒に考えてみましょう。

————————————————-

地球の木イベント「アジアの国を知ろう」

ちょっぴり体験! ラオス村の暮らし

  • 日時:3月29日(木) 13:30~15:00
  • 場 所生活クラブ小田原センター 地図を開く (小田原市東町5-14-15  TEL:0465-32-3511)
    ・JR「小田原駅」より東口バス7番乗場「山王経由国府津駅」行または「鴨宮駅経由ダイナシティ」行乗車 約10分
    ・JR「国府津駅」よりバス1番乗場「山王経由小田原駅東口」行乗車 約15分
    どちらも「小田原東高校前」バス停下車、徒歩2分
    参 加 費 :500円 (ラオスコーヒー、お菓子付き)
  • 主 催 :特定非営利活動法人 地球の木

————————————————-

下記フォームよりお申し込みをお願いします▼

申し込む