特定非営利活動法人 地球の木(認定NPO法人)は、横浜市に事務所を置き、神奈川県を中心に、ネパール・カンボジア・ラオスの人々とつながり海外支援活動をする国際協力NGOです

 〜 何かが変わる、ふれあいの旅 〜
ネパール・スタディツアー2017

催行が決定しました!
※2月15日(水)まで追加申込みを受け付けています。
  ご希望の方はお早目にお申し込みください。

雄大な自然に抱かれた地球の木の支援地の村を訪ねます。
2015年4月の大地震の後、地球の木はすぐに支援を開始し、テントや医薬品、仮設シェルターを提供しました。 その後の村の暮らしは?復興の様子は?
村に滞在して、村の人たちと触れ合い、より安心できるコミュニティに必要なことが何か、語り合いましょう。

日  時: 2017年 2月22日(水) 〜 3月3日(金)
     東京発着10日(機内2泊・村でのホームステイ2泊)
訪 問 地:カトマンズの世界遺産と近郊の村(カブレ郡ドゥリケル市・マンガルタール村)
参加費用:20万円(諸費用含む)

  詳しくは...  ネパールスタディツアー2017

KOREAこどもキャンペーンを通じて募金を集めています
〜 朝鮮民主主義人民共和国での水害被災地こども支援のお願い 〜

2016年8月末から9月上旬にかけて、観測史上最大の台風が襲来したことで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の北東部、中朝国境を流れる豆満江流域に大きな被害をもたらしました。被災した地域は冬の寒さが厳しく、冬の到来でさらなる人道的な危機が起こることが懸念されています。

地球の木はKOREAこどもキャンペーンの呼びかけ団体として、東アジア地域の平和と安定を願い、「南北コリアと日本のともだち展」を通して、日本と朝鮮半島の人々をつなぐ活動を続けてきました。 今回の水害被災地への支援は、必ず、この地域の未来の平和につながるものであると考えています。
水害の被害を受けたこどもたちへの人道支援へご協力いただきますようお願いいたします。

  朝鮮半島東北部 水害緊急支援のおねがい(KOREAこどもキャンペーン)

朝鮮民主主義人民共和国における水害への人道支援をおこなうにあたっての立場表明

ネパール大地震被災者支援

2015年4月25日、現地時間11:56にネパールで発生したマグニチュード7.8の巨大地震の被災者に対し、 緊急および復興のための支援を行ってきました。
震災発生から、400名近くの皆さまから総額5,765,124円ものご寄付をいただきました。 皆さまの温かいお気持ちに心から感謝申し上げます。

地球の木では、現地NGO団体のSAGUNを通じて、 主にネパールプログラム(幸せ分かち合いムーブメント)の実施場所であるカブレパランチョーク郡マンガルタール村、カルパチョーク村などで、 第1次支援、第2次支援を行ってきました。現在は第3次支援を実施しています。
支援等の詳細はこちらをご参照ください。
   ネパール大地震被災者支援
イベント情報
2月11日(土)
食べてしゃべってアジアを知ろう
 〜地球の木ラオス・ネパール合同報告会〜
(関内)
2月26日(日)
ちがさきサポセン☆ワイワイまつり(茅ヶ崎)
Information・クラフト販売
イベント報告
2016年 5月29日
25周年記念事業 清水俊弘氏講演「地球の木25周年によせて」
2015年 2月15日
地球の木講座2015 「アーサー・ビナードが語る『日本語を取り戻す!』」
2013年11月 2日
   〜11月 3日
国内スタディツアー 「農的暮らしって何だろう?」
 
2013年 5月25日
安井清子さんお話会 「モン族とラオスのお話」
2013年 2月17日
地球の木講座 「ブータンと日本」
2012年 2月12日
よこはま国際フォーラム2012 「援助する前に考えよう」
2012年 2月 4日
20周年記念講座第3回 トークイベント&パーティ
2011年12月10日
20周年記念講座第2回 いきいきと生きるための「経済」〜「連帯経済」で分かち合う「幸せ」
2011年10月15日
20周年記念講座第1回 「ネパールの笛のコンサート&対談」報告
申し込みフォーム

寄付をする

会員になる

メルマガ登録


マジカルバナナ









JANICアカウンタビリティ・セルフチェック2012

かなチャリ
Copy right all reseved 特定非営利活動法人 地球の木 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町1−3−3 TEL:045-228-1575